働きやすさを追求

人形

普及がもたらした医療用スクラブの多様性

医療用スクラブは内科や外科を問わず大小の手術において必ず着用される医療用のユニフォームです。その清潔さを保つ目的と動きやすさを兼ね備える機能性の高さが白衣よりも手術に適しており、現代における基本的な服装としてどの医療機関においても定着しています。 その普及によって需要が高まってきたことから取り扱う業者も増えてきており、色やサイズだけでなく、素材やデザインについても多様性が生まれてきています。以前は医療用スクラブは白衣と同様にあまり種類がなく、互いに似通っていたため選ぶ理由はあまりありませんでした。しかし、今日では好きなデザインのものやより着こなしやすいスクラブを選ぶということが可能になっているのです。

手術の効率を上げるためのユニフォームとしての利用

多様な医療用スクラブが手に入るようになったことによって、その違いをユニフォームとして利用する価値が生まれてきました。手術を行う際には執刀医に加えてそのアシスタントが必要になります。また、患者の意識レベルなどのコントロールを行う麻酔医や、緊急時に備えている看護師、手術の入れ替えの際に入るスタッフ等、様々な役割の医療関係者が集まっています。その全てを把握するのは慣れてしまうまでは難しいものです。 ここで様々な医療用スクラブを利用する価値が見いだされます。担っている仕事の種類によって異なるデザインのスクラブを使用することでその違いが一目で分かるようにできるのです。こうすることによって役割分担が明確化され、手術全般の効率を高めることができるのです。