一般的なユニフォーム

手術

医療用ユニフォームのスクラブとは

みなさんは医療用ユニフォーム『スクラブ』という名前を聞いたことがあるでしょうか。最近は医療業界をテーマにしたテレビドラマや映画などでも、このスクラブを着ている姿がよく見られるようになりました。スクラブとは、英語でゴシゴシ洗うという意味があります。ドラマで見るとしたら、手術中に医師が着用している濃い青や緑色のユニフォームがあります。医療用スクラブは半袖で首元がVネックになっており、着替えも容易に出来、丈夫なつくりになっています。今まで一般的に着用されてきたコートタイプの白衣より動きやすく、また値段も安いため、消費が激しく清潔感が最も樹脂される職種の医療現場で需要が高まっています。最近では介護現場でも見かけるようになりました。

動きやすくカラーも豊富

手術中の医師は、長時間血液の濃い赤い色を見続けています。濃い色を長時間見つめた後は『補色残像効果』というものが起こってしまい、白い背景を見たときに視界をちらつかせてしまいます。その理由から、目を錯乱させない色として濃い青や緑が医師の医療用スクラブとして好まれています。海外では看護師のユニフォームとしてもスクラブが一般的なようです。さらに、最近はスクラブの色もさまざまで、医療用スクラブの柄には花柄やキャラクターがプリントされたものもあります。白衣を見ると緊張して血圧が上がったり、恐怖心が出てしまうという患者さんや、小児科でもリラックス効果があるとして、利用されているようです。また、動きやすさから、介護業界でもスクラブをユニフォームとして取り入れている施設も出てきています。